ヨーロッパLRT視察旅行【2】アンジェ
2012年10月20日 アンジェ市内


c0211961_2331240.jpg
まずは24時間有効のフリーチケットを電停備え付けの自動券売機で購入。


24時間というのがポイントで、今回のケースのように昼頃到着⇒その町で1泊⇒翌朝出発という場合でもこれ1枚で通用するんです。日本の場合、大抵「一日乗車券」なので、翌日ちょっと乗る場合でも運賃を払わねばならない。日本でも参考にしてほしいなあ。


c0211961_2394449.jpg
Tramway Angers - Ligne A Ralliement - Moliere


ジェットコースターのような古い市街地の坂を駆け下ります。
市街地では景観配慮の面から架線や架線柱はなく、電車もパンタグラフを下げます。
2本のレールの間にある地表給電装置(APS)から電気を得ています。電車が来た時にだけ、電車の真下だけで誘導電流が流れる仕組みです。なので感電の心配もありません。


c0211961_23185453.jpg
Tramway Angers - Ligne A St Serge-Universite - Berges de Maine


郊外ではパンタグラフを上げて架線集電になります。グリーンベルト化した軌道にレインボーカラーがよく映えます。


c0211961_2324511.jpg
左:パンタを下げよ 右:パンタを上げよ みたいな標識


c0211961_23255718.jpg
Tramway Angers - Ligne A Avrille-Ardenne


北の終着駅にはパーク&ライドの駐車場。トラム利用者はもちろん無料。


c0211961_23312875.jpg
再びトラムに乗って、街の中心部Ralliementに戻ります。広場ではフェミニズムみたいな団体によるデモの模様。デモと言うより露店やパフォーマンスが中心、ある意味お祭りみたいなもんで、デモそっちのけでみなさん楽しんでました。
NHKの「世界ふれあい街歩き」のような光景。


c0211961_23351133.jpg
小腹が空いたので、広場に面したテラスでサブウェイみたいなサンドでも。


c0211961_23372281.jpg
Tramway Angers - Ligne A Foch Maison-Bleue


路線バスもLRTと一体となって運営されているので同じデザインです。この統一性が旅行者にも分かり易いです。


c0211961_23395727.jpg
Tramway Angers - Ligne A St Gilles - Bascule


車道の中央部にはポールが設置されており、電車が前を走っている時は車は追い抜くことは出来ません。あくまで電車優先。


c0211961_2348365.jpg
Tramway Angers - Ligne A CHU l'hospital - Capucins


狭い路地にも、線路を敷設し車を追い出してしまってます。こういう理解が得られるのもLRT先進国のフランスならでは。ルノーの初代トゥインゴともよくマッチしています。


c0211961_23544419.jpg
Tramway Angers - Ligne A Ralliement - Moliere


残念ながら一日雨模様でしたが、薄暮れの街に光が反射していい雰囲気になってきました。


c0211961_23553962.jpg
Tramway Angers - Ligne A Ralliement


最後にアンジェのシンボル、グラン・テアトルとの夜景と。サン=サーンス、フォーレ、グノーらも指揮台に立った歴史あるコンサートホールとのこと。


つづく
by feel-railside | 2013-10-26 00:04 | 海外
<< ヨーロッパLRT視察旅行【3】... ヨーロッパLRT視察旅行【1】... >>