ヨーロッパLRT視察旅行【3】アンジェ→サン・ピエール・デ・コール→ボルドー
2012年10月21日 アンジェ・サン・ロー駅⇒サン・ピエール・デ・コール駅⇒ボルドー・サン・ジャン駅



この日はほぼ半日かけて移動日です。
まずはフランス国鉄自慢のTGVではなく、TER(地域圏急行輸送)の快速列車「インターロワール」号でボルドー方面のTGVに乗換の出来る、サン・ピエール・デ・コール駅まで乗車します。


c0211961_237848.jpg
オリジナルのTGVカラーが眩しい電気機関車BB26000形率いる客車列車ですが、侮ること勿れ、日本の客車列車と違い平気で200km/h出してくれます。


c0211961_2385937.jpg
1等車の車内。詰め込み思想のTGVに比べて1+2のゆったりしたレイアウト。1人用座席は半個室風で全ての座席が埋まってました。たった50分の乗車が勿体ない。


c0211961_23103090.jpg
フランス国鉄で必ずやらなければならないのが、コンポスタージュ。駅には改札がない替わりにこの機械で、乗車前に使用日時の刻印をしなければならないのです。これを怠ると、車掌さんからキツーイお仕置きと罰金があるとか。ソッと入れないと上手く刻印出来ないので馴れが必要かも。


c0211961_23133319.jpg
という訳で、「フランスの勝沼」じゃなくて、本当のワインの里ボルドーに到着です。ワインもいいけど、もちろんお目当ては電車です。


が、相変わらずの雨


それでも、
雨ニモ負ケズ、荷物はさっさとホテルに預けて早速撮影開始です!


c0211961_23221020.jpg
Tramway de la ligne B, Place des Quinconces
フランスでも暗くなったら、相変わらずの流し撮り大会。


c0211961_23294616.jpg
Tramway de la ligne C, Gare Saint-Jean
歴史あるフランス国鉄のサン・ジャン駅と。石畳にヘッドライトが反射していい感じです♪


c0211961_23321440.jpg
Tramway de la ligne A, Sainte-Catherine
旧市街地全体が世界遺産となっているボルドーでは、歴史ある町並みの中はアンジェと同じく架線レスのAPS(地表集電方式)となっています。と言うより、このAPSのパイオニアこそ、ここボルドーのトラムなのです。


雨に祟られた一日でしたが、夢中になって撮っていたら夜の10時。ヘトヘトになってホテルに戻りました。
明日は晴れるかな〜?

つづく
by feel-railside | 2013-10-30 23:45 | 海外
<< 錦秋を往くNEW「こまち」 ヨーロッパLRT視察旅行【2】... >>