秋晴れの三陸鉄道
すっかりブログの更新も滞ってしまいました。
ハンガリー篇も続きを書かねばと思いつつ、今回は手始めに週末に訪れた三鉄(三陸鉄道)の撮影から。3連休に運良く(というべきか、運悪く?)、岩手の撮影が入り、天気も良さそうだったので三鉄の南リアス線にちょっと足を延ばしてみました。
4月の全線開通後2度ほど訪れたのですが、毎度雨にたたられていて今回が三度目の正直。

気温3℃という極寒の中、朝日に輝く海バックの撮影地を朝露に濡れた茂みの中をビショビショになりながら、掻き分け登ります。しかしやっぱりタイムアウト。真横のアングルが見つけられず、車両の抜けがイマイチでした、、、
c0211961_11204232.jpg
2014/10/12 三陸鉄道・南リアス線 恋し浜〜甫嶺

一旦民宿に戻って朝ご飯。
「いい秋刀魚入ったけど、食べる?」と聞かれ、もちろん。朝からパワー満点です。
c0211961_11303075.jpg
部屋からはトレインビューが出来たりと楽しい民宿でした。
c0211961_11311646.jpg
おっと、おじちゃん、失礼!(汗)
ちょうど海の臨める高台に位置しており、列車もここで一時停止のサービスです。
折角なので部屋のベランダから海を眺める乗客をシルエットで狙ってみました。
c0211961_11331712.jpg
2014/10/12 三陸鉄道・南リアス線 吉浜〜唐丹

午後からは順光になるので、再び山に斜面を掻き分けて登って、お決まりの一枚。
c0211961_11344907.jpg
2014/10/12 三陸鉄道・南リアス線 吉浜〜唐丹
津波被害で沿線風景が激変するなか、ここだけは、以前と変わらぬ風景が残されていました。

※次回からは中欧鉄道紀行に戻りますので宜しくお願いします。


by feel-railside | 2014-10-16 11:41 | 鉄道と四季
<< 呉線暮情 北陸本線・撮影地回想【2】 >>