2015 桜と鉄道(地元篇)
今日からの雨で東京の桜は、ほぼ散ってしまいそうですね。
今年は開花の発表から気温がグングン上がった為一気に満開になってしまい、そして満開となったかと思うと雨模様で、例年以上に撮りづらい東京の桜でした。


そんな中から、前日で撮影がキャンセルになった(泣)日がたまたま晴れたので1日フルに使って「桜×鉄」をしてきました。


まずは朝の散歩がてらに、チャリンコを漕いで飛鳥山へと思いましたが、王子の北区役所前から石神井川にかかる音無橋の脇の桜が逆光に浮かび上がって綺麗だったので、陽陰を強調すべく、敢えて電車は陰の時間帯で撮ってみました。

c0211961_13304836.jpg
都営荒川線・飛鳥山〜王子駅前


そして、そのまま埼京線のほうを目指して、小高い丘の上の祠から。
線路の手前に鬱蒼と茂る林も、今なら流し撮りで何とか「消せ」そう。既に新芽も出始めていたので、桜、新芽、そして背後にちょこっと赤芽のコラボレーションで1枚。
c0211961_12492644.jpg
埼京線(赤羽線)・赤羽〜十条


折角なので新幹線も、と思い山田孝之主演のドキュメンタリードラマ「東京都北区赤羽」でも有名になったビルの屋上にある作徳稲荷から赤羽台の団地の桜をバックにパシャリ。
c0211961_13255235.jpg
東北新幹線・上野〜大宮
やはり防音壁に邪魔されますが、自由に入れるビルからはこれで精一杯かな、という感じです。


その後は、知り合いのFacebookで高井戸の綺麗な桜の写真が上がっていたので、久しぶりに井の頭線へ。
井の頭線での撮影は5年前に終焉迫る3000系を撮って以来でした。
やはり狙うならレインボー編成ということで1発目は陰ってアウトでしたが、もう1往復粘って何とか2発目でモノにしました。
c0211961_12531438.jpg
京王井の頭線・高井戸〜浜田山


でもやっぱり、僕には短い編成の車両のほうが性に合っているようで、世田谷線に転線しました。
c0211961_13011174.jpg
東急世田谷線・松原〜山下
こちらも玉電カラーを狙ってマンションの脇に咲く一本桜を狙って。もう少し引きつけて撮りたかったのですが、架線柱が顔面にかかりアウト。上っ側が空でスカスカになったのでちょっとトリミングしました。


〆は写真仲間の集まる飛鳥山へ戻って、各自缶ビールにお惣菜を持ち寄り、日が暮れるまで束の間の鉄談義&花見。
そしてブルーモーメントを狙って飛鳥山の夜桜を撮って解散となりました。
c0211961_13175495.jpg
都電荒川線・飛鳥山〜王子駅前


再来週あたりに東北に行こうと思っていましたが、あちらも何やら急ピッチに咲いているようですし、スケジュールの練り直し必至です(汗)

(おわり)

by feel-railside | 2015-04-05 13:27 | 鉄道と四季
<< 写真展 ご来場ありがとうございました 個展と出版のご案内 >>