不知火海を走るブルートレイン
フランス旅行記の途中ですが、前回に引き続きブルートレインの話題です。


先日、JR九州から


という発表がされました。


「九州の鉄道の車窓で一番好きな場所はどこ?」と訊かれたら、真っ先に挙げたくなるのが、この不知火海沿いを走る区間です。

特急「つばめ」が西鹿児島(現・鹿児島中央)まで走っていた頃、当時連結していたビュッフェで、ビール片手に「薩摩地鶏照焼チャオセット(だったかな?)」を食べながら車窓を堪能できたのもいい思い出です。

しかし2004年3月の九州新幹線の開業に伴い、この鹿児島本線で一番風光明媚な区間、八代〜川内間は第三セクターの「肥薩おれんじ鉄道」に移管されました。

それと同時にこの区間を走っていた特急「つばめ」やブルートレイン「なは」(新大阪〜西鹿児島)も熊本や新八代発着に短縮されました。

ブルートレインではないものの、この区間を定常的に走る列車としては、12年ぶりに夜行が復活します。
c0211961_18511299.jpg
鹿児島本線(現・肥薩おれんじ鉄道)・薩摩高城〜草道


今回のななつ星の経路変更の目玉のひとつに、ちょうどこの写真近くの


このあたりは遠浅で手付かずの海岸線が残っており、波の音を聞きながら天草諸島に沈む夕陽は最高でしょうね。
c0211961_19004394.jpg
鹿児島本線(現・肥薩おれんじ鉄道)・西方〜薩摩高城


c0211961_19140820.jpg
鹿児島本線(現・肥薩おれんじ鉄道)・上田浦〜肥後田浦


今回の運行設定で、赤字に喘ぐ肥薩おれんじ鉄道にも少なからず増収がもたらされることでしょう。

沿線には小粒ながらも風情のある温泉(高城温泉や湯の児温泉、日奈久温泉)も多く、「ななつ星」の乗客をいずれ誘致できれば、沿線の活性化にも繋がるかもしれませんね。

そして、久しぶりにこの区間で「ななつ星」を撮ってみたくなりました。

来年春からの楽しみがまたひとつ増えました。



by feel-railside | 2015-09-13 19:25 | 夜行列車
<< 「首都圏貨物列車・撮影ハンドブ... ブルートレイン in my m... >>