2016 フランス撮影紀行【その2】
c0211961_02361131.jpg
ナルボンヌ近郊をゆく、ニース発ボルドー行アンテルシテ(BB7200形牽引・旧Corail Téoz編成)


冷や汗かきながらの運転で、何とか空港を脱出して大型ショッピングモールに来ました。
一番の目的はプリペイドSIMの購入です。

車での移動ばかりなので、Goole Mapでの地図の表示や列車の運行情報は、気軽にどこでもリアルタイムで手に入れたい。
街中なら公衆WiFiが期待できますが、田舎の線路端ではそれは皆無。
海外ローミングはバカ高いし、レンタルルーターも1日のデータ量の上限があってイマイチ。
結局、現地でのプリペイドSIMが一番安いのですが、最大の難関はショップでのやり取り。
英語の通じない店員さんも多く、また日本のショップ同様1時間近く待たされることもザラ。

c0211961_22353134.jpg
Aeroville内にあるFreeのショップ


さて、今回購入しようとするSIMはFreeという新興勢力(いわゆるMVNO業者)のキャリア。
これまで、フランスの旅行では大手のOrangeやSFRのSIMを購入してきました。
今回Freeにした理由は、店内にプリペイドSIMの自動販売機があるという情報をキャッチしたからです。
これなら、言葉で苦労する店員さんとのやり取りや、長い待ち時間からも解放されます。
ちょうど空港近隣のこのモールにショップがあることが分かったので、ここで買う事にしました。

c0211961_22370194.jpg
店内に入ると早速ありました!
3分で買えるなんて、カップラーメン並みの早さです。
画面は残念ながらフランス語のみですが、容量や利用期間、SIMのサイズを「Oui(はい)」、「Non(いいえ)」とかで進んでいく感じなんで、何とかなります。
最後に住所を入れる項目がありますが、これは適当に今日泊まるホテルの住所を入れればOKでした。
決済はクレジットカードのみでしたが、日本のカードでも大丈夫でした。(恐らくICチップ内蔵のVISAやMasterならOKのようです。)
c0211961_22471194.jpg
1ヶ月、なんと50GB使い放題でなんと30ユーロ(約3600円)!
1日の上限設定もナシ!

OrangeやSFRが2GBで30ユーロ近くするんで、その格安ぶりは半端ないです。
こんな破格の値段で大丈夫なんだろうかと思いましたが、回線は最大手のOrangeをローミングで使っているとの事。
早速持参したSIMフリーのiPadに挿し込んで試してみました。
c0211961_22510216.jpg
LTE回線も掴み、ダウンロードもサクサクです。
とりあえず、ネット環境は整って一安心。

あとはスーパーで、運転中の水分補給用に大量のVolvicのペッドボトルと、ミシュランの道路地図、そしてバゲットを買えば準備万端。
では今宵の宿、ルーアンに向けてスタートです。
c0211961_23010382.jpg
運転も慣れてきて、ようやく快調と言いたかったところでしたが、20分も走らないうちに、サン・ドニで早くも渋滞に巻き込まれました。都心から離れているとはいえ、ここはパリ近郊圏。
パリの外周を囲む環状道路は終日渋滞する場所ですが、夕方の帰宅ラッシュがそれに拍車をかけています。
ただこの辺りは、パリ周辺でも最も治安の悪い地区。
渋滞中の車に、窓を叩いて物売りが来ました。それくらいならいいほうで、ガラスを割って強盗を働く事件も起きているようで、外務省からも注意喚起が出ていたくらいです。

フランス:シャルル・ド・ゴール国際空港からパリ市内に向かう高速道路上等での強盗被害に対する注意喚起

何も起こらないことを祈りつつ、停車中に窓からスタッド・ドゥ・フランスが見えたのでスマホでパチリ。
c0211961_00282472.jpg
いよいよ、明日からEURO開幕。その開会式とフランスチームの初戦が行われ、一ヶ月間フランスはEURO一色になることでしょう。

結局、サン・ドニの通過に1時間半近くかかり、宿のレストランの時間には間に合いそうにありません。
仕方なく、途中のオートルート上のサービスエリアで、レンジでチンのパスタとつぶつぶオレンジジュースで済ますことにしました。
c0211961_00342674.jpg
でも、これ以外と美味しいんで、フランス来る度にカルフールとかで見かけると買ってます。

その後も疲れからか、インターの降り口やラウンドアバウトの出口を間違えたりと、結局、空港から3時間半近くかけてルーアンの宿に到着しました。
c0211961_00391653.jpg
レストランでビールだけ買って部屋に持ち込み一気に飲み干してしまったのは、言うまでもありません。
フランスでの時計の針は22時ですが、日本時間では朝5時まで起きてたことになります。
長い長い1日でした。

明日は早朝からいよいよ撮影開始。
次回からはようやく撮影紀行らしくなると思います。

(つづく)

by feel-railside | 2016-07-13 01:07 | 海外
<< 2016 フランス撮影紀行【その3】 2016 フランス撮影紀行【その1】 >>