<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
えち鉄・福鉄 相互乗り入れと「ki-bo」デビュー
このところ、ブログの内容が「さよなら」や「惜別」とか寂しいトピックが多かったので、久しぶりに明るい話題を。

今日(2016年3月27日)に、福井県内の二つの私鉄、えちぜん鉄道と福井鉄道が、相互乗り入れを開始しました。
詳細について本文では省きますが、以下のリンクが分かりやすいと思います。

えちぜん鉄道と福井鉄道乗り入れ 全国初の試み、3月27日運行開始

これまでは両社の路線は田原町駅で、駅を共有し乗り換えは出来ましたが、線路は繋がっておらず徒歩での連絡、そして待ち時間も必要でした。田原町駅周辺は文教地区で学生の利用が多いものの、境界駅である田原町からお互い一つ先の駅に大学や中学・高校があったりして、乗り換えの手間や時間のロスで学生は不便を強いられていました。

ただ、車両の仕様(福鉄は低床の路面電車、えち鉄はホームが必要な通常の鉄道車両)も異なり、お互いのホームの高さも違う為、線路を繋げれば「はい」解決という訳ではありませんでした。

そこでえち鉄側が福鉄の仕様に合わせる形で
・えち鉄が路面電車仕様の低床電車を導入する
・えち鉄側の乗り入れ区間の駅のホームを、低床車用に改修する
ことが決まり、晴れて今日の日を迎えた訳です。

そのえち鉄側の低床車(LRV)が今回紹介する「ki-bo(キーボ)」で、今日の乗り入れに合わせてデビューしました。
c0211961_22423065.jpg
田原町駅(写真はすべて2016.3.27撮影)

この愛くるしい顔と、ネーミングでたちまち子供達にも大人にも大人気。


c0211961_23331805.jpg
福井鉄道福武線・田原町〜仁愛女子高校前

3年前、福鉄で先にデビュー「Fukuram(フクラム)」は鋭い目つきの顔でしたが、「ki-bo」は柔和で癒し系の顔ですね。
ちなみに↓がその鋭い目つきのヒトで、昨日(2016.3.26)デビューした黄緑色の第3編成です。
c0211961_23365442.jpg
福井鉄道福武線・市役所前〜足羽山公園口


c0211961_23391363.jpg
福井鉄道福武線・市役所前

併用軌道区間を走る「ki-bo」。
二つの異なる鉄道事業者が路面電車区間を挟んで、相互に乗り入れるのは日本初のことです。
なおこの写真の上方で左に分岐しているのがいわゆる「ヒゲ線」と呼ばれる支線で、こちらも今日付で延伸して駅前広場まで乗り入れるようになりました。


c0211961_23424230.jpg
福井鉄道福武線・三十八社〜鳥羽中

福井鉄道側も、商工会議所前以南は鉄道線となり、鯖江市内に入ると長閑な田園地帯を走ります。
車列の波に揉まれながら走る路面電車区間とのギャップが面白いですね。
ちょうど菜の花が咲き乱れており、黄色X黄色でいい感じで撮れました。


今日は駅にいた社員さんもヘトヘトで、
「学校の新学期が始まるまで、私たちも慣れないと!」
と仰ってました。


福井に桜が咲く頃には、入学式と新学期を迎えるようです。
学生の希望(「ki-bo」)を膨ら(「Fukuram」)ませてくれる電車になってほしいですね。

by feel-railside | 2016-03-27 23:58 | 路面電車・LRT
さようなら「カシオペア」
今日(2016/3/21)をもって「カシオペア」が廃止されてしまいました。
自分の中では、九州行きの夜行列車が消滅した時点で、ある程度の区切りはついているものの、やはり寂しいものです。
「カシオペア」は縁のない列車で、結局廃止まで外から眺める(撮る)だけになってしまいました。
そんな外から眺めた「カシオペア」の中から3つほどピックアップしてみます。
c0211961_15545211.jpg
2010/5/29 室蘭本線・長和〜有珠

ちょうどこれを撮った頃は、札幌に二ヶ月ほど住み込みで仕事をしていた時期で、週末にもなれば道内各地に撮影に出かける夢のような生活でした。
毎週末、天候を睨みながらベストな時期に訪問することができ、いい思い出になりました。

c0211961_23431133.jpg
2015/5/22 東北本線・矢吹〜鏡石
夜行列車の楽しみといえば、やはり食堂車。いつものようにディナータイムに流し撮りのシルエットを何度か試みましたが、窓のヌケの悪いE26系客車は殊更苦労しました。

c0211961_23463305.jpg
2011/6/19 東北本線・日和田〜五百川

震災のボランティアに通っていた頃の帰りに撮った思い出深い写真です。茜色に染まった空を反射するシルバーの車体を思い描きましたが、結構屋根が汚れていて狙いの半分ほどの出来になってしまいました。
写真の出来はともかく、どういうことか、この頃はやたらと空の焼ける色が鮮やかだった記憶が蘇ります。なんとも皮肉なことです。

国内では電車寝台の「サンライズ瀬戸・出雲」は残っているものの、車内で食事を楽しみながら目的地まで寝て行ける列車は消滅してしまいました。しばらくは、海外の夜行列車を楽しむしかないようです。


by feel-railside | 2016-03-22 00:14 | 夜行列車