タグ:北陸新幹線 ( 3 ) タグの人気記事
北陸新幹線・新風景
写真展後の連休は、長野から北陸へ。そして日本海を辿って新潟から会津に行ってきました。
その中から北陸新幹線の風景を何点か紹介したいと思います。

前から撮ろうと思いつつ、なかなか撮れずにいた場所。
c0211961_22410970.jpg
北陸新幹線・軽井沢〜佐久平

3年くらい前に、紅葉の時期に見つけて以来、絶対に芽吹きの時期も綺麗だろうと思いつつも未訪問でした。
朝の低い光に照らされた、芽吹いたばかりの広葉樹。ほかにもヤマザクラや杉の木立ちもいいアクセントになってくれました。

c0211961_22482475.jpg
北陸新幹線・軽井沢〜佐久平

その後、芽吹いた雑木林にぽっかりと隙間が空いていたので流し撮りもチャレンジしてみました。


その後、長野電鉄、飯山線、大糸線などを撮りながら、日本海に到達。
狙いたかった風景のひとつが、姫川の橋梁を渡る北陸新幹線です。
c0211961_22530175.jpg
北陸新幹線・糸魚川〜黒部宇奈月温泉

一級河川では日本一の透明度を誇る姫川。
「え?どこが日本一って?」
「茶色い濁流じゃない?」
なんて言われそうですが、この濁流はこの季節ならではの風物詩。
標高の高い、北アルプスや越後の山々からの大量の雪解け水を集める姫川。短い距離で、川底をえぐりながら一気に日本海に到達するので、この時期は清流になる余裕がないのです。


最後は、建設中の頃からずっと描いてた風景。
やっと撮ることができました。
c0211961_23033209.jpg
北陸新幹線・糸魚川〜上越妙高

北陸新幹線で一番海に近い場所を走る区間。
青い日本海をバックに走る姿もいいですが、やはり日本海にはサンセットが似合います。
いつもはブルーのラインが印象的なE7/W7系の車両も、この時ばかりは海と空の色に合わせたかのように、オレンジの光を輝かせながら走り抜けていきます。

(おわり)

by feel-railside | 2015-05-08 23:09 | 新幹線
「新幹線エクスプローラー vol.34」掲載されました
イカロス出版から、本日(1/21)発売の「新幹線エクスプローラー vol.34」誌に、北陸新幹線の特集写真が掲載されました。
昨夏の試験走行から何度か足を運んでいますが、どうしても撮りたかったのが、豪雪地帯を走る北陸ならではの絵。
c0211961_10255718.jpg
抱えている撮影スケジュール、年末進行の出版スケジュール、そして天気図を睨みながらの撮影行でしたが、何とか締め切りまでに撮ることができました。
本来なら下の写真のように編成が綺麗に入る場所なんですが、雪が降り(積もり)すぎて奥の方がよく見えなくなってしまいました。でも、これはこれで雪国らしくて今思えば撮れて良かったと思っています。
c0211961_10303225.jpg
雪の日の撮影は寒さの対策だけでなく、雪道での運転、橇(かんじき)など冬山並みの装備、そして雪からの機材の保護など通常の撮影に比べて比較にならないほど大変ですが、その分狙い通りの写真が撮れた時の悦びもまたひとしおです。
c0211961_10524761.jpg
c0211961_10344459.jpg
c0211961_10350189.jpg




是非書店で手に取って頂けたらと思います。

そして明日からの写真展も宜しくお願いします。
今のところの在廊スケジュールですが
22(木)不在
23(金)〜14:30頃まで
24(土)終日在廊
26(月)〜17:00頃まで
27(火)〜14:00頃まで
28(水)11:30以降〜
となります。
※1/25(日)は休館日、最終日の1/28(水)は15:00までとなりますので、ご注意下さい。


by feel-railside | 2015-01-21 10:57 | 新幹線
浅間山と烏帽子岳
今日は別所温泉で撮影でした。
そのゆきとかえりに気になる場所をチェック。

まずは北陸新幹線から。
高崎市内の桜も散り始めていましたが、浅間山にはまだまだたっぷり雪です。
c0211961_2238821.jpg
北陸新幹線・高崎〜安中榛名
今朝はかなり冷え込んだせいか、4月にしてはクリアな空でした。

山を越えて信州・上田へ。
こちら側からは浅間山はあまり見えませんがその連山の烏帽子岳をバックに。桜はまだ蕾でした。
c0211961_22451116.jpg
上田交通別所線・中野〜舞田

電車は近代化されたものの駅の佇まいは昔のまま。
c0211961_2248418.jpg
上田交通別所線・中塩田駅
750V時代の古い電車に思いを馳せながら、春浅い塩田平をあとにしました。
by feel-railside | 2014-04-11 22:52 | 鉄道と四季