タグ:国鉄色 ( 3 ) タグの人気記事
「首都圏貨物列車・撮影ハンドブック」発売のお知らせ
SNSのほうでは、既にお知らせしましたが、9/29にイカロス出版様より「首都圏貨物列車撮影ハンドブック」が発売されました。
首都圏の貨物撮影地50箇所のほとんどを7月中旬からの1ヶ月半で撮り下ろしました。
「新幹線撮影ハンドブック」で好評でした、QRコード、MAPCODE、昭文社の見やすい地図、そして詳細な解説を付けています。
是非、書店で手にとって頂けたらと思います。

で、ここで一つ表紙の写真のエピソードについて。
c0211961_01004404.jpg
2015.7 東北本線・野木〜古河


実はこの列車、表紙用なんて思ってもなく、ガイド用の編成写真として待っていました。
当日、この列車にEF66で唯一、原色を保つEF66 27号機が入るとの情報を前日の晩に確認して現地に入りました。
ところが、通過予定の30分くらい前からパタリと列車が来なくなりました。
なんだか嫌な予感。
スマホで運転状況を調べると、東大宮駅で人身事故のこと。
「あー、こりゃ当分来ないな」

そうして、ようやく1時間後に運転再開。
でもやっぱり待てど暮らせど来ません。
予定の2時間を過ぎ、光線状態も順光からトップライト気味に。
「こりゃ、作例写真としても使いにくいなー」
と諦めた頃、ようやくEF66らしいヘッドライトが彼方から来ました。
「よし、来た!」

ところが、ところがです。
何と後ろは1両も貨車を引っ張っていません。
いわゆる単機です。
これじゃあ絵になりません。
で、ここで一瞬、編集部からの
「大鶴さん、そろそろ表紙用の写真を考えといて下さいねー」
との言葉が過ぎります。

「よし、じゃあもうカマアップで縦で流したれ!」
と、カメラを三脚から外し、設定を変えて、手持ちで何とかギリギリ寸前で仕留めることができました。

流し撮りって、案外こういう半ばやけくそ(?)というか、力も入っていない時に案外成功するもんなんですよね。
事前に、「こう流そう」とか力が入っていると大抵失敗します(笑)
というのが、結果オーライでしたが、今回の表紙のエピソードになります。


ところで、この縦位置での機関車アップの流し撮りって結構好きでしてよくやってます。
c0211961_01173011.jpg
2007.8  鹿児島本線・西牟田〜荒木


やっぱりヘッドマークが付いたブルトレだと箔がつきますね。
で、左方向への流しにこだわる理由は、運転台が進行方向左側にあるんで運転士さんの表情が見えるということです。

c0211961_01200885.jpg
2009.7 鹿児島本線・天拝山〜原田


で、運転席は冷房のない車両も多く夏場だと大抵開いてるんで、余計に運転士さんが見えるんですよね(笑)
九州のカマは前パンが畳んでるのが残念なのですが。

あと、この手の流し撮りで注意を払うのは角度。
真横だとカッコよくないんです。
かと言って正面気味もイマイチ躍動感がありません。
自分なりのポイントとしては、向こう側のテールライト(EF66ならライトケース)がチラッと見える角度が、この流しの一番カッコイイ角度だと思ってます。

なので、たとえ10コマ/秒のカメラでも連射はしません。
やはり自分の一番狙った位置で確実に切るには一発切り以外にないんです。
60コマ/秒くらいのカメラが出れば連射に切り替えるかもしれませんが。
あと、もちろんMFで置きピン、そして流し撮り用の手ブレ補正(CanonならIS、NikkorならVR)もOFFにします。
一発切りで、手ブレ補正をONにすると大抵失敗します。
技術的なところは分かりませんが、多分手ブレ補正も連射での撮影を前提にしているのかもしれませんね。

と、流し撮りについて、喋りだしたらキリがないのでまたの機会にでも。
ということで、最後にもう一度。この本、よろしくお願いします。
c0211961_00561782.jpg




by feel-railside | 2015-10-01 01:46 | 案内
北陸本線・撮影地回想【2】
前回からのつづきです。
北陸と言えば冬。冬と言えば、越前ガニ、寒ブリ、、、。と今なら撮影とグルメを天秤にかけたり(?)もしますが、当時はやはり雪降れば線路端に立っていました。
北陸本線の雪と言えば北陸屈指の豪雪地帯である福井県の今庄(現在の南越前町)でした。京都からなら、特急と普通を乗り継いで1時間弱。その後引っ越した先の金沢からなら、いつでもクルマで行けるとあって、結構な頻度で通いました。
富山や石川でチラチラ雪でも、福井に入り武生を過ぎたあたりから、南下すれば南下するほど雪深くなるから不思議なものです。季節風と地勢の関係でこの地に豪雪をもたらしているようです。
c0211961_10595362.jpg
大阪と青森を結ぶ、昼間を走る特急列車としては日本最長のランナー「白鳥」。
福井県の嶺南と嶺北を分ける長い長い北陸トンネルを抜けてきた瞬間です。まさに長いトンネルを抜けるとそこは雪国、という表現がピッタリ。当時、向日町(京都総合車両所)に所属するボンネット編成では唯一原型に近い型を保つA09編成はファンの間でも人気の的でした。A09編成の運用と降雪具合、そして仕事のシフトの3つ全てが幸運にも合致して、ようやく撮れたのは「白鳥」廃止の2ヶ月前。
かつては青函連絡船に接続し、関西対北海道の輸送を担ってきた特急「白鳥」が、1988年の連絡船廃止後も走り続け、21世紀まで何とか存在したこと自体が、今考えると奇跡であったなあと思います。
結局、「白鳥」の写真はこの1枚で満足して、その後廃止まで撮る事はありませんでした。
(2001年1月 北陸本線・敦賀〜南今庄)


そして、この撮影から9年後。再び南今庄を訪れる機会がありました。
「白鳥」なき後も地道に北陸本線で走り続けた「雷鳥」にもついぞ永遠に飛び去る日が近づいてきました。
やはり北陸特急に似合うのは雪です。9年前の残像を追うように、再び雪深い南今庄のホームに降り立ちました。
c0211961_11393313.jpg
雪を掻き分けて目的地へ奮進する姿は、まさに北陸特急の象徴であり真髄。迫力あるシーンを、と思い最後は流し撮りで収めることにしました。廃止間際で既にかなりの棲息数を減らしていた「雷鳥」。明るい時間で撮れるのは一度きり。前を走る列車で何度も練習し「振り」の勘を掴もうとしますが、なかなか「振り」が合いません。
そしてやや遅れて本命の「雷鳥」が雪ふりしきる中、鮮やかな赤とクリームのツートンカラーで近づいてきます。北陸トンネル内はMAX130km/hのスピード。リラックス、リラックスと声を出しながら、手持ちのカメラを列車の動きに合わせて斜め上に動かしながら、静かにシャッターボタンを押します。
「フッー」
列車が雪煙を巻き上げ通過したのを見送ってから、プレビュー画面を確認。
安堵感と喪失感。不思議な感覚のままこの駅をあとに。
帰京し、仕上がった見開きの色校を見て、ようやく安心しました。
c0211961_12012022.jpg
(2010年1月 北陸本線・敦賀〜南今庄)

(おわり)
次回からは再びヨーロッパの紀行のつづきです。



by feel-railside | 2014-08-24 12:06 | 国鉄型
北陸本線・撮影地回想【1】
しばらく周回遅れ気味でヨーロッパ紀行を続けてきましたが、ちょっとここでブレイク。
お盆はこの土日だけ空いたので、久しぶりに18キッパーで関西、北陸方面へ出掛けました。ところが、行く先々で豪雨に祟られて、結局北陸廻りの帰京は断念。敦賀の一つ先、南今庄駅で折り返して再び米原廻りで帰りました。

残念ながら撮影はままなりませんでしたが、久しぶりにゆっくりと普通列車に揺られながら線路端を眺めていると、懐かしい撮影地、そこでの思い出が走馬燈のように脳裏に浮かんできました。
北陸本線の敦賀周辺は私にとっても、15年前に鉄道写真を復活させた場所でもあり、今の自分の原点とも言える場所です。
帰宅後、久しぶりにフィルムスキャナーに火を入れて、マウントしたポジを一枚、一枚吟味しながら最新デジタルリマスタリングしてみました。
c0211961_00105253.jpg
まずは2003年9月21日に撮影した「懐かしの雷鳥」号。湖西線経由ではない米原廻り、ヘッドマークは懐かしの文字型、グリーン車3両を組み込んだ11両編成、JNRマーク入り、車掌の制服も国鉄時代のものにコスプレしたりと、相当気合いの入ったイベント列車でした。
折角の米原廻りだったので、北陸本線の余呉〜近江塩津を撮影地に選びました。有名撮影地での混雑を避けたいというのもありましたが、1:25000の地形図片手に探し当てた場所で一人で対峙したいという思いもありました。
この日は時折雨のぱらつく生憎の曇り空でしたが、森の中を駆けるしっとりとした雰囲気で撮れたな、と満足して山を降りた記憶があります。

因みに、この場所からはこの先の近江塩津で合流する湖西線の高架橋も眺めることが出来ました。
c0211961_00265496.jpg
ちょっと列車の切り位置がアレですが、アマチュア時代なので大目に見てください(汗)
普段は3灯485系の前照灯もヘッドの1灯だけです。そう、ここは交流・直流の切り替え区間(デッドセクション)で電気を止めた状態の惰性で走っています。その為、車内は非常灯のみ、前照灯も1灯のみとなります。
ただ、この区間も現在は敦賀まで直流化されており、この風景も485系が走る姿も見納めとなってしまいました。
(2003/1/25 湖西線・永原〜近江塩津)

この先の近江塩津で湖西線と北陸本線が合流します。
c0211961_00385643.jpg
この場所は近江塩津の駅舎がある場所から2km北方の福井県境にも近い深坂トンネルの手前ですが、まだ近江塩津駅の駅構内扱いで、スノーシェッドに覆われたポイントがちょうど北陸と湖西の分かれ道となっています。北陸特急の世代交代を象徴するかのような681系と485系の競演を偶然収めることが出来たのも、暑い暑い2001年の夏でした。
(2001/8/16 北陸本線・近江塩津〜新疋田)

近江塩津を超えると新疋田となり、新疋田〜敦賀にかけては鉄道ファンにとっては聖地とも言える好ポイントが随所に点在しています。
c0211961_00442487.jpg
その中でも個人的に好みだったのが鳩原ループと呼ばれた上り線をインカーブから50mmレンズで捉える場所でした。
485系と言えばボンネットタイプの初期形が人気がありますが、この貫通扉がありマークの大きさも控えめの200番台(貫通型)が端正かつスマートな顔立ちで一番好きな車両でした。
ただ、前から数えて5両目を除き若干色が褪せているのが残念なところ。これは、この車両の所属する金沢総合車両所の塗料に起因するものだとファンの間では囁かれていました。「松任(←現在の白山市※金沢総合車両所の所在地)の白ふき」とも揶揄していたことも、写真を眺めながら思い出しました。
この特急「加越」も今や特急「しらさぎ」に吸収されてしまい、列車自体も地味に消滅してしまいました。
(1999/10/21 北陸本線・新疋田〜敦賀)

敦賀から先の南今庄での思い出はまた次回にお話しましょう。
(つづく)

by feel-railside | 2014-08-19 00:56 | 国鉄型