タグ:木造駅舎 ( 1 ) タグの人気記事
惜別 浜寺公園駅
c0211961_16563046.jpg
つい先日、南海本線の浜寺公園駅が、高架化のために現駅舎での営業を終了した。
数ある国内の洋風駅舎の中でも、特にお気に入りの駅で何度も訪れていた。
この時も、当時連載していた某誌の「木造駅舎の旅 関西編」の下取材で訪れたのだが、残念ながらお蔵入りになってしまった。


東京駅の設計でも有名な辰野金吾と、片岡安による設計。
明治40(1907)年に建てられて以来、109年もの永きに渡って行き交う電車と乗客を見守ってきた。


建築様式はハーフティンバーと呼ばれ、梁や柱、筋違いを敢えて隠さずに装飾として見せる。
ドイツや北欧でよく見られる建築様式だ。
c0211961_17105768.jpg
写真はフランス・ストラスブールにあるハーフティンバー様式(フランス語ではコロンバージュ)の建築群。


駅名の名が示すとおり浜寺の海浜公園への玄関口で、かつては多くの海水浴客を出迎えた。
残念ながら、現在は砂浜は埋め立てられて、青い松林だけが当時の面影を伝える。

メリハリある色使いをするヨーロッパと違い、浜寺公園駅のそれは淡い色彩の組み合わせが特徴的だ。
ここからは自分の想像でしかないが、薄い水色は浜寺海岸からの海、白漆喰は白砂の浜をイメージしていたのかもしれない。

c0211961_17285181.jpg
ファザードの柱も女性的な曲線美が印象的。



c0211961_17302759.jpg
現代的なサインも駅舎の中に自然と溶け込んでいた。



c0211961_17324357.jpg
ホームにある待合室もまたハーフティンバー様式である。



c0211961_17334594.jpg
木の温もりが感じられる待合室内。中に入ると、なぜか外と違った時間が流れているような気がした。


駅舎(駅本屋)自体は保存が決定され、高架化完成後も新しい駅の正面に移築される。
しかし、このホームにある待合室は残念ながら解体される。


c0211961_17371486.jpg
浜寺公園駅から北に一駅進んだ、諏訪ノ森駅。


浜寺公園ほどの派手さはないが、ここも小粋で好きな駅のひとつだ。

c0211961_17391715.jpg
この駅の見どころは、ステンドグラス。


青松白砂の浜と、遠くに淡路島を望む。かつて見られた浜寺公園からの眺めだ。
諏訪ノ森駅も高架化によって駅の存廃が俎上に上がっていたが、こちらもめでたく保存が決まった。

(おわり)




by feel-railside | 2016-01-29 17:49 | 駅舎の旅