眠るヒマなし!
今回は、先週の大阪取材の道中で思った事から。
三連休は、初日と最終日が埋まってしまい、何とか中日+半日使って大阪の取材+神戸(関西時代の同志の写真展)に行って来ました。

前日3:00まで画処理⇒6:00の東京始発の新幹線⇒新大阪着くまでの2時間半はひたすら眠る

という黄金プランを立てていたんですが、脆くも崩れ去り、、、

やっぱり東海道新幹線の車窓は楽しすぎて眠れないんです。

丹沢の大山に始まり、愛鷹山、富士山、茶畑、浜名湖、、、と車窓からの風景だけでなく、
727化粧品の看板や、三河安城にあるニチバンの謎のコピー等マニアックなものまで。
そして、かつて隈無く探し歩いた撮影ポイントのチェック、と忙し過ぎて眠るヒマなし!なんです。


関ヶ原を越え、滋賀県に入り目に飛び込んできたのが、線路沿いのコスモス畑。
そういえば、6年前。
当時連載していた「新幹線のいる風景」用に探し歩いたな〜、とか。色んな線路端での思い出が、次々と流れる車窓からポップアップのように現れてくるのです。

c0211961_23482888.jpg


最初はコレで行こうと思ってました。
「でも何か絵はがき的すぎる」
「まあ、日も暮れて来たしいいか〜」
と半ば妥協的に行き交う新幹線を眺めながら、トボトボと在来線の近江長岡駅まで歩いて帰る道すがら。

「あ!!」
「あるやん!」


c0211961_23521718.jpg


逆光にキラリと輝く新幹線とススキの穂。

「これだ!これだ!」

と日が暮れるまで夢中に撮影。
そして一番絵になったのがこの700系新幹線。


後で調べたら、丁度407年前のこの日は、関ヶ原の合戦。
破れた西軍の部隊は、こんな風景を眺めながら追われ、退散していったのか、とその穂先の一本、一本に儚く散った兵どもの夢のあとを重ねてみたり、、、


てな訳で、眠るどころか
いつもいつも、東京〜新大阪間刮目し放しなんです。
c0211961_003537.jpg

「新幹線エクスプローラー」2008年秋号 「新幹線のいる風景」より。
by feel-railside | 2013-10-17 00:06
<< 初撮り! 堺トラム さようなら、ホルモンうどん >>