城と鉄道
姫路城が平成の大修理を終えて、今日から一般公開になったということで、そういえば、昨年11月に取材に行った時の手柄山からの姫路城を思い出しました。
もちろん、僕が記録する場合は城も大好きだけど城だけではありません。
c0211961_22365349.jpg
2014年11月 山陽新幹線・姫路〜相生
姫路城の別称「白鷺(しらさぎ)城」ならぬ、「白すぎ城」などと揶揄されていますが、確かに肉眼での見た目はもっと白かった記憶があります。この白すぎる姫路城が拝めるのも3〜4年とか。ピカピカのうちに記録しておきたいですね。

姫路城が日本の一、二位を競う美しさということに異言はありませんが、個人的には姫路城を含めた現存12天守の中では福井県の丸岡城が好きだったりします。
現存天守で鉄道が絡められる場所となると、こちらも自分の得意分野、路面電車で(^ ^;;

c0211961_22434828.jpg
2009年11月 伊予鉄道(松山市内軌道線)城南線・市役所前〜県庁前

ご存知、松山の伊予松山城。実は、この写真、現在進行中の原稿の中で使う予定の写真なのですが、丁度いいタイミングでしたのでフライング気味に出しておきます。
市のど真ん中に山があり、その上に城を築いたので市内どこからでも、そして結構遠くからでも城を眺めることができます。

c0211961_22500496.jpg
2009年11月 土佐電気鐡道・伊野線 高知城前〜県庁前

四国からの現存天守のもう一つは高知から。山内一豊が築いた当時は「河内山城」と呼ばれていましたが、その後高智山城→高智城→高知城と行き着き、現地名のルーツにもなりました。四国にはもう一つ、宇和島城が現存天守の城としてあるんですが、残念ながら鉄道と絡めた写真はありません。

現存天守でもなく殆ど痕跡もない城跡なのですが、いつも新幹線で通る度に妄想してしまうのがここです。
c0211961_23063626.jpg
2007年5月 東海道新幹線・米原〜京都

個人的な大ファンでもある石田三成が築城したものの破却されて、滋賀県彦根市に儚く残る佐和山城趾です。山が台形状に残されているのは、頂上を削って山城を築いていた証です。ご存知の通り、その後三成は西軍を率いて関ヶ原で負けてしまい、この根城も徳川勢力によって徹底的に破却されてしまいました。なお一部は、彦根城の築城に再利用されました。でも実は、こういう「兵どもがゆめのあと」的廃城を訪れたりするほうが好きだったりします。

最後に海外のお城と路面電車から。
c0211961_23161347.jpg
2014年5月 スロバキア・ブラチスラヴァ Bratislavský električka Nový Most〜Tunel
昨年の欧州遠征の時の写真。スロバキアの首都、ブラチスラヴァ城です。城の四隅(画面では三隅しか見えていませんが)に塔がある為、別名「ひっくり返ったテーブル」などと呼ばれているようです。日本の「白鷺城」や「烏城」にようにもっと風雅な別称はないものかと思ったり。
城下を走るかわいいタトラカーが何とも城のカラーリングにマッチしていました。

ということで、日本の城も再建天守も含めれば、結構鉄道と絡めて撮ってたりしています。やはり鉄道も城も好きだと、こういう写真を撮ってしまうんでしょうね。

by feel-railside | 2015-03-27 23:31 | 新幹線
<< 個展と出版のご案内 祝 山陽新幹線全線開業40周年 >>